前へ
次へ

行政書士を独学で勉強しようと思ったら

行政書士という試験は、基礎的な勉強だけで合格するのは難しい試験です。記憶だけの問題というのは少なく、しっかりとした理解がないと解けないといった問題が多いです。行政書士の試験を独学で合格するというのは、可能なことですが、しっかりとした対策をする必要があります。市販のテキストは多く出ていますが、自分に合ったものを見つけるようにしましょう。何冊も購入するのではなく、自分が理解しやすいものを選び、それを何回も繰り返し読んだ方が効果的でしょう。問題は多くこなした方がいいですが、これも問題集をある程度絞った方がよいでしょう。直前期には答練や公開模試などを行う予備校が多いので、そのようなところで自分の現在の実力を見るというのも大切なことかもしれません。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren5set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

行政書士としての業務内容について探る

行政書士としての資格を取得して、実際の業務につくと、官公庁などへの行き来が盛んになります。各省庁や市区町村に提出する書類を専門的に作成する事になるからです。官公庁などへ提出する書類については、規定が厳しく設けられている場合も多く、その規定を遵守していなければ、書類の提出を受け付けてもらえない事もあります。そのため、行政書士としての専門性が高く必要とされる場合も多くなります。また、行政書士が取り扱う書類については、その種類が1万種類を超える事もよく知られています。その点においても、行政書士としての業務が高く評価される由縁でもあります。権利義務に関する書類について、相談を受けて作成する事が業務となり、裁判における告訴状などの作成を請け負う場合などもあります。

Page Top